読書と散歩

普段は通勤電車に揺られながら、休日は散歩しながら、のんびり読んでます。

幻冬舎

沈みつつある幻冬舎であるが、この会社が出来た当時、私は角川書店に心底吐き気を催していたので、角川を飛び出した見城氏に期待した。朝日新聞の全面広告のインパクトは今でも忘れない。しかし、残念ながら私が幻冬舎に感謝出来るのは団鬼六のこれ一冊のみである。さようなら幻冬舎

真剣師小池重明 (幻冬舎アウトロー文庫)

真剣師小池重明 (幻冬舎アウトロー文庫)