私の古本屋台

f:id:Toshi-bm:20180707092711j:plain

Q.B.B.『古本屋台』みたいな場が最寄りにあったらおそらく連日通うだろう。現実にあるとしたら中央線沿線だろうが、あの辺りは私の住まいから一時間以上かかる。はるばる行くのでは意味がない。帰りに寄れるからいいのだ。となるとやはり夢のまた夢なのだが、ふと思い立って、会社帰りに泡盛を買って、数ヶ月前に古本屋で購入した本を読み始めたら、あら不思議。これが私の古本屋台である。えっ?!飲みながら本の話をするのがいいんじゃないかって!?そのための読書メーターじゃないですか。

古本屋台 (書籍扱いコミック)

古本屋台 (書籍扱いコミック)