市川②-真間川

市川駅から弘法寺へと向かう参道は、京成線の踏切があったり、このように真間川を渡る橋があったりします。今は川ですが、村尾嘉陵が訪れた天保五年(1834)頃はまだ入り江だったようです。

f:id:Toshi-bm:20180401221049j:plain