読書と散歩

普段は帰宅後に、休日は散歩しながら、のんびり読んでます。

深川③-洲崎川跡遊歩道

種村季弘先生が「車ラッシュでせわしない永代通りからひっそりと身を退いている風情がいい」と書かれた洲崎川跡遊歩道を辿り、門仲方面に向かいます。

f:id:Toshi-bm:20170729174926j:plain