渋谷②-〈ベルギー奇想の系譜〉展

『ベルギー奇想の系譜』展。お目当てのフェリシアン・ロップス、ポール・デルヴォーの作品群はもちろんとても素敵でしたが、現代の作家リュック・タイマンス『磔刑図』と出会えたことが今日の収穫でした。

f:id:Toshi-bm:20170728204718j:plain