Singin' in the rain

雨音のリズムにのって展開される流麗なテーマ曲。ジーン・ケリーの歌声の素晴らしさ。ストーリーはトーキー到来期における映画界の大転換を全肯定していて、そこから落ちこぼれていく役者は文字通り笑い者にされています。制作された1952年当時の感覚の反映かな。爆音で観客を驚かす映画が主流になっている今、サイレント映画がグッと魅力的に映るときも個人的にはあります。

f:id:Toshi-bm:20170212092421j:plain

広告を非表示にする