ヒッチコック/トリュフォー

ヒッチコック/トリュフォー』を千葉劇場で観てきました。二人の対談の音源を基本に、スコセッシらの現在のインタビューを合い間に挟む構成。「光と影」へのこだわりが強調されます。スクリーンで各作品の名場面を改めて観ると確かにどの場面も光と影の対比が絶妙な気がします(映画通の方々、笑わないでね)。平日朝の上映だからか題材ゆえか、観客は20人ほど。私以外全員推定年齢70歳代以上の元映画少年少女の方々でした。

f:id:Toshi-bm:20161226155003j:plain