読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書と散歩

そのまんま。

成田①ー成田駅そば

成田山にお参り、というか梅見にきました。まずは駅前の立ち蕎麦で腹ごしらえ。

2月の読書メーターまとめ

2017年2月の読書メーター読んだ本の数:28冊読んだページ数:7341ページナイス数:611ナイス昭和の洋食 平成のカフェ飯―家庭料理の80年の感想タイトルから想像されるものと中身がずれている本。マンガやドラマの食卓から振り返る戦後女性史、という感じ。『…

新橋⑦ー博品館

目的地の博品館にたどり着きました。今日の散歩はこれでおしまい。

新橋⑥ー日比谷神社

江戸の昔から都市計画の都合で遷座を繰り返している日比谷神社と、京浜東北線のあたま。

新橋⑤ー高架下

新橋名物、高架下。

新橋④ー港区立みなと図書館

港区立みなと図書館前。通りを、東京マラソンのランナー達が駆けていきます。写真には撮りませんでしたが、通りとビルの間に押し込まれた昔の墓地や、〈紀元二千六百年奉祝記念〉の石碑が建ってたりと、光と闇が入り混じっている公園です。

新橋③ー芝公園

「東京タワーなんかに負けないもんね」とそびえ立つ、芝公園のメタセコイア達。

新橋②ー芝公園

東京タワー直下に位置する、もみじの滝。ここは、秋にまた来よう。

新橋①ー東京タワー

今日は休日なのですが、昼前から銀座で仕事関係の会食です。せっかくなのでストレートに新橋駅には行かず、御成門駅から歩いて向かおうと思います。東京タワー周囲は、東京マラソンの見物に来た人達で大にぎわいです。

マルハ有明煮赤貝味付大粒

いつも寄るスーパーのレジに一人、お喋り好きのガハハ系おばちゃんがいます。仕事帰りでグッタリしてる時だと若干閉口^_^。今日マルハの有明煮の缶詰を買ったら「あたしコレ旨そうだと思ってんだけど買ったことないのよねえガハハ」と。「これはねえ、いちょ…

渋谷⑤ー國學院大学博物館

國學院大学博物館。企画展『祭祀と神話ー神道入門』小規模ながら、とても充実してます。Bunkamuraザ・ミュージアムのついでに寄ったのですが、完全にこちらがメインの一日になってしまいました。新嘗祭について、とてもわかりやすく展示してくれています。

渋谷④ー金王八幡宮

金王八幡宮は乳母車の駐車場になっています。

渋谷③ー金王八幡宮

王八幡宮境内には澁谷城の残骸と芭蕉の句碑がありました。文化十四年建立。

渋谷②ー〈これぞ暁斎!〉展

Bunkamuraザ・ミュージアムで暁斎展。暁斎の絵は動いてます。鴉や象など、人間より動物が描かれている絵の方が印象的でした。このミュージアム自体はいつも思うけど、あんまり好きじゃないなあ。

渋谷①ー渋谷駅

渋谷はちょっと苦手、どころかとても苦手な街です。1980年代前半までは、五島プラネタリウム目当てによく来てたんだけどなあ。とりあえず地上を目指します。

料理生物学・自習

『実況・料理生物学』を読んでから、週末はもつ焼きを食べようと決めていました。これはテッポウです。というか直腸です。

反貧困ネットワーク埼玉の勉強会

仕事後大急ぎで浦和へ移動。反貧困ネットワーク埼玉主催の勉強会〈誰もが支えられる社会へ〉に参加してきました。思い切って要約すると、社会保障は選別主義から普遍主義へ転換するべきだ、人ではなくニーズをターゲットにしよう、医療・介護・教育は無償化…

初めての万年筆

産まれて初めて万年筆を買いました。パイロットのカクノという、千円で売ってる初心者向けのものです。対象購買層は小学生のようですが、試し書きしているうちに、オジさんもなんだか楽しくなってきました。

地産地消

千葉といえばほうれん草。そろそろ、なごりものかな。食べ方は家庭により様々でしょうが、我が家ではシンプルに炒めるか、卵でとじるかです。

池上〜品川⑨ー品川寺の大地蔵

品川寺。大地蔵の視線の先には小さな〈溺死者供養之塚〉がひっそりと建っています。陽も暮れてきました。そろそろ帰ります。

池上〜品川⑧ー大井町駅前闇市跡

大井町駅横の闇市跡。十数年前は〈肉のまえかわ〉や、立ち食い鰻の〈むら上〉に寄るのが夜勤明けの楽しみでした。むら上さんは代替わりしています。今日は素通り。

池上〜品川⑦ー旧東海道

なんてことない住宅街のように見えますが、実は旧東海道。涙橋から品川宿へと向かいます。

池上〜品川⑥ー梅屋敷

池上駅から蒲田に出て、徒歩十分ほど行くと梅屋敷へ着きます。こちらは人もまばら。雀と鳩にとっては楽園のようです。

池上〜品川⑤ー浅野屋さん

いつものように池上駅前の浅野屋へ。相席ならばとお店の方に通された席にはお一人様の老婦人。「失礼します」と着席すると静かに会釈され、実においしそうに召し上がった後、「お先に」と出て行かれました。

池上〜品川④ー池上本門寺

池上本門寺の石段は九十六段。

池上〜品川③ー池上梅園

今日の三人娘。

池上〜品川②ー池上梅園

あの子の命はひこうき雲。

池上〜品川①ー池上梅園

池上梅園に来ました。

小倉明彦『料理生物学』

学生時代、解剖学の教授が「ここはモツ焼きでいうと〜」とわかりやすく講義してくれたのを思い出します。あの先生の説明無しに、無味乾燥な藤田恒夫の解剖学テキストだけ与えられてたら、はたして頭に知識が定着したかどうか(藤田恒夫先生は無味乾燥どころか…

大粒なめこ

近所の八百屋さんで売ってた長野県産の大粒なめこ。どうやって食べようと迷った末、無難な味噌汁に。オススメはバター焼きらしいので、今度やってみます。

北千住⑥ー槍かけだんご

槍かけだんご。あん団子も、香ばしい焼き団子も、どちらもなかなか(^_^)

北千住⑤ー絵馬屋さん

絵馬屋さん。当代は8代目とのこと。

北千住④ー伝馬屋敷

伝馬屋敷の戸口を一段下げて造るのは、お客様をもてなす心の表れだそうです。

北千住③ー千住宿高札場跡

千住宿高札場跡。茂みの陰では子ども達がかくれんぼの真っ最中。

北千住②ー森鴎外旧居跡

森鴎外旧居跡は都税事務所になっている、ということまでは判っていましたが、いざ訪れてみたら、まさかの事態に。

北千住①ー旧日光街道

北千住駅前の旧日光街道は、千住ほんちょう商店街に姿を変えています。日曜らしい賑わいです。

一期一会

週に一度は立ち寄っている古本屋さんでも、店外の均一棚に急にこういう本がささっていたりするので、毎回じっくり棚を見てしまいます。古本屋さんでの本との出会いは一期一会。

Singin' in the rain

雨音のリズムにのって展開される流麗なテーマ曲。ジーン・ケリーの歌声の素晴らしさ。ストーリーはトーキー到来期における映画界の大転換を全肯定していて、そこから落ちこぼれていく役者は文字通り笑い者にされています。制作された1952年当時の感覚の反映…

馬込〜大崎広小路⑧ー鰯の煮付け

戸越銀座で買ってきた鰯は、瀬尾幸子さん式の煮付けにしました。脂がのってます。素材がいいと、なんでもおいしいな。

馬込〜大崎広小路⑦ーベローチェ西五反田店

大崎広小路駅前のベローチェは、二階から通りが見渡せます。

馬込〜大崎広小路⑥ー魚慶さん

戸越銀座まで来ると、必ず魚慶さんに寄ってしまいます。「氷入れときますか?」。魚屋さんだなあ。嬉しいなあ。

馬込〜大崎広小路⑤ー荏原図書館

荏原中延駅近くにある品川区立荏原図書館。ここは文化センターと一体化してます。全集が充実してて、澁澤龍彦・中井英夫・久生十蘭まであったので随分助かった記憶があります。

馬込〜大崎広小路④ー源氏書房と星の湯さん

荏原町駅周辺、駅前の古本屋さんは無くなっていたものの、中延駅方面に歩いて行ったところにある源氏書房さんは健在。近くには星の湯(今はどうかわかりませんが、昔は日替わりでワイン湯とかラベンダー湯とか沸かしてくれてました)さんも頑張ってます。銭湯…

馬込〜大崎広小路③ー源氏前図書館

大井町線荏原町駅から徒歩5分くらいの品川区立源氏前図書館。ここは保育園の二階にある、こぢんまりした図書館です。お話し会のためのお部屋があったりします。

馬込〜大崎広小路②ー旗ケ岡八幡神社

荏原町駅前にあった古本屋さん二件はいずれも姿を消し、一件は廃屋、もう一件はラーメン屋さんになっていました。残念ですが仕方ないですね。駅前の旗ケ岡八幡神社にお参りしていきます。

馬込〜大崎広小路①ー馬込図書館

浅草線を馬込駅で降り、急な坂を登ると大田区立馬込図書館があります。小学生の頃から二十代まで入り浸っていました。馬込文士村の作家達の著作が二階に展示してあったり、地下書庫が一部開架になってたりするのも昔と全く変わりません(城昌幸記念文庫は痛み…

誰もが支えられる社会へ

仕事を始めたときからずっと中心にあるテーマなので是非出席したいけど、早くあがれても途中参加になるかなあ。生活保護を受けている人達が「真面目に働く人達に迷惑をかけている」と叩かれる風潮に対して、この数年ハラワタが煮えくりかえっている。民主主…

ある古本屋さんの閉店

職場からの帰途、締め切ったシャッターの前で呆然。古本屋さんとの別れはいつも突然やってきます。こういう別れを数十年繰り返した結果、本には必ず購入した日付とお店の名前を書き込む癖がつきました。お店は次々と無くなっていくので、せめて購入した本達…

出席します

昔の職場の同僚から結婚式・披露宴への招待状が届いたので、出席で返信しました。

一汁一菜

土井善晴さんの『一汁一菜でよいという提案』、内容自体は微妙な本でしたが、表題には思うところあり、早速実践してみました。ただ、味噌汁は具沢山は好みじゃないので大根のみで。