市川⑤-手児奈の井戸

手児奈が水を汲んだとされる井戸。しかし村尾嘉陵が子供の頃は、茂みの中で凹みに水が溜まってただけだったのに、大人になって行ってみたら、いつのまにか場所もかわり文化四年当時の普通の井戸と同じような姿となっていたそうです。なので、今目の前にある…

市川④-手児奈霊神堂

万葉集が編まれるよりも前、この辺りに手児奈というそれはそれはかわいい女性が住んでいて、男達が彼女を巡って争うのに耐えきれず入り江に入水したという伝説があるのです。河合奈保子『けんかをやめて』の古代版みたいな感じですな。彼女が祀られた手児奈…

市川③-真間の継橋

真間の継橋。現在は橋の下はからっからのコンクリートですが、万葉集に「足の音せず行かむ駒もが葛飾の眞間の継橋やまず通はむ」と歌われており、『江戸名所図会』にも描かれているのが確認出来ます。

市川②-真間川

市川駅から弘法寺へと向かう参道は、京成線の踏切があったり、このように真間川を渡る橋があったりします。今は川ですが、村尾嘉陵が訪れた天保五年(1834)頃はまだ入り江だったようです。

市川①-市川駅前

神田古本まつりで買ったばかりの村尾嘉陵『江戸近郊道しるべ』を片手に、千葉に戻ってきました。市川駅から徒歩5分ほどの地点から歩いてみます。

神保町①-神田春の古本まつり

神田春の古本まつりに来ています。

独身だけど 男性だけど 健康だけど

小さいお子さんがいるから早く帰らなきゃならなかったり、心療内科に通ってる状態だったり。そういう人の多い職場なので、業務後の書類の取りまとめがほぼ毎日私の担当になるのはしょうがない。早くお子さん迎えにいってあげて。早く家に帰って心を休めてと…

向島⑫-古本屋さん

スカイツリー付近で見つけた古本屋さん。入り口に「本を丁寧に扱わない方は御断り」と張り紙があり、ちょっと緊張して入店。魅力的な棚に見惚れながら歩いていると「そこ段差ありますから気をつけて」と店長さん。張り紙の雰囲気とだいぶ違うなあと思いなが…

向島⑪-吾妻橋

「吾妻橋のまん中ごろと覚しい欄干に身を倚せ、種田順平は松屋の時計を眺めては来かかる人影に気をつけている。女給のすみ子が店をしまってからわざわざ廻り道をして来るのを待合しているのである」(永井荷風『濹東綺譚』)。ではまた木村荘八の描く当時の吾…

向島⑩-隅田川

墨堤の桜は、座り込んだり立ち止まったりせずに、ずんずん歩きながら楽しむのがよい。

向島⑨-三囲神社

三囲神社。ここも石碑だらけですが、いつきても一番胸に響くのは、隅田川土手で寒風に身を晒すような富田木歩の句碑です。「夢に見れば死もなつかしや冬木立」。

向島⑧-長命寺

長命寺境内に明治十八年に建立された成島柳北碑。一部剥がれたり欠けたりしてますが、凛としていて格好いいです。

向島⑦-成島柳北住居跡

向島には幸田露伴や正岡子規などの住居跡があるのですが、今日は今一番関心のある成島柳北住居跡にきました。現在は言問小学校が建っています。

向島⑥-鳩の街

かつての赤線地帯、鳩の街。現在は静かな商店街です。

向島⑤-向島百花園

百花園内は句碑やら歌碑やらが乱立してるのですが、今日気になったのは月岡芳年の生涯を刻んだこの碑。左は、日本橋石柱。

向島④-向島百花園

向島百花園。下町大空襲で「名園は火になめられて一夜にして見る影もなく荒廃し、当時の園主の祖父はショックで数日後に亡くなられたそうだ」(種村季弘『江戸東京《奇想》徘徊記』)。

向島③-玉の井跡

かつて玉の井と呼ばれた地域。そのような店は消え失せているが、今でもぬけられます。

向島②-水戸街道踏切跡

水戸街道をまたぐ東武線のガード。その昔は踏切でした。木村荘八の描くかつての風景と見比べてみます。

向島①-京成曳舟駅前

こんないい天気の日には、外に出なくちゃ勿体無い!今日は京成曳舟駅から歩きます。ガイドをお願いするのは、この三冊。

はんたいのさんせい。

うちのカレーは、これでいいのだ。

ズージャでショードク。

読みたい本は、たいてい書庫に埋もれてる。

五反田-五反田遊古会

五反田遊古会、本日の収穫。計1400円也。さて、読むか。

佐倉④-佐倉図書館

佐倉図書館。入ってすぐ左側に地域コーナーがあります。ほう、この人も佐倉ゆかりの人なのか。

佐倉③-麻賀多神社

麻賀多神社にそびえる大銀杏。

佐倉②-歴博〈世界の眼でみる古墳文化〉展

とてもいい企画でした。世界各地の巨大モニュメントの紹介と比較、古墳時代の倭王権、その後我々の国で古墳はどのように捉えられ扱われてきたか、とある漫画家さんによる作品の展示、そして各地の震災や原発事故が古墳に与えた影響(このセクション、非常につ…

佐倉①-京成佐倉駅前

五反田で古本を買い込んだ後、千葉へとんぼ返り。佐倉に来ました。今日の目当ては、これ。

ののはな

明日あたりはきっと春。

ののはな

おととい仕事帰りに八百屋さんで見つけてから、今日の夜が待ちどおしくてならなかったのです。鍋一面の、菜の花畑。

西馬込〜荏原町⑮-〈サカナバッカ〉さんのカラスガレイ

残りのカラスガレイは炙りにしました。

西馬込〜荏原町⑭-〈サカナバッカ〉さんのカラスガレイ

さて次は荏原中延駅前の魚屋さんで買ったカラスガレイのえんがわ。これは量があるので二通りの調理をしてみます。まずは湯引きして、ポン酢と柚子胡椒で。