読書と散歩

そのまんま。

Cucumber Slumber

キュウリを炒めた味を知ることが出来たのは、小林カツ代さんのおかげ。

ハワイへ行こう

ハワイ帰りの友人がお土産にくれたコーヒー。ハワイといえばコナコーヒーだと思ってましたが、島の場所ごとに銘柄が違うんですね。初めて知りました。うちの乏しい本棚からハワイに関係したものを探すと、出て来るのはいつもの片岡義男。

両国⑦ーベローチェ両国店

歩き疲れたので、駅前のベローチェで読書タイムに入ります。

両国⑥ー江戸博

「馬鹿だなあ、おめえ。こんなのも解んねえのか」「これこれ、やめなさい」。

両国⑤ー江戸博

今の港区芝大門にあった絵草紙屋さんの復元模型。草双紙から堅い本まで幅広く扱っていたようです。

両国④ー江戸博〈発掘された日本列島〉展

江戸博で開催中の〈発掘された日本列島〉展。一番興奮したのは、愛知県豊橋市の普門寺旧境内で発見された墨書土器。こういう資料みるのが最近とても楽しいです。

両国③ー横網町公園

慰霊堂の傍に立ち続ける震災遭難児童弔魂像。建立された僅か十三年後に金属回収の為撤去された愚かしい歴史を持ちます。その翌年に起こった東京大空襲により、慰霊堂には震災だけでなく、空襲による身元不明者らの遺骨まで納められることになってしまいまし…

両国②ー旧安田庭園

旧安田庭園から仰ぎ見る東京スカイツリー。その横に並ぶ慰霊堂。

両国①ー両国駅

両国に来ました。駅構内では吉永小百合さんも、横綱と背比べ。

茄子の油味噌

夏は茄子がおいしい。土井善晴さん、日本人スゴイを連呼する姿勢には全く共感できませんが、レシピは時々いいのを紹介してくださいます。これは新潟の方から土井さんが教わったレシピだそうです。

空豆いろのくれよん

今週のお題「家飲み」そら豆を皮ごと豪快に焼く、という調理法。瀬尾幸子さんが十年前に出したこのムックで知ってはいたが、試したのは初めてです。塩茹でとは違ったホクホクした食感に仕上がりました。 あすは休める路地はひっそり閑。よし久しぶりにハイボ…

堀切菖蒲園④-亜芽里館

駅前の喫茶店でコーヒー飲んで帰ります。堀切菖蒲園で菖蒲を眺めた後に、京成線駅前にある〈亜芽里館〉さんに寄りました。コーヒーは店名通りアメリカンな感じ。フライ定食はうってかわってコッテリしていて、味噌汁は多分赤味噌。串カツが出てきたのが意外…

堀切菖蒲園③ー堀切十二支神

戦隊モノみたいな堀切十二支神。

堀切菖蒲園②ー織姫星

織姫星(ベガ)。

堀切菖蒲園①ー堀切菖蒲園

ちょうど見頃でした。

『雉子日記』

検印って、なんか嬉しい。

いんげんとキュウリ

仕事場の同僚から、畑で採れたばかりの野菜を頂きました。キュウリはささがきにして、梅干しと鰹節と和えてみました。土井善晴さんと小林カツ代さんのレシピの折衷案です。野菜を切るのは楽しいものです。

札幌②ー新千歳空港

新千歳空港内で白い恋人、のソフトクリーム食べて帰ります。

札幌①ー札幌駅

出張で札幌に来てます。観光は、無し。

5月の読書メーター まとめ

5月の読書メーター読んだ本の数:17読んだページ数:4079ナイス数:187実践で身につく! 摂食・嚥下障害へのアプローチ ~急性期から「食べたい」を支えるケアと技術~読了日:05月30日 著者:知の旅への誘い (岩波新書)の感想今は時代の転換期、学問や理論の在…

五反田〜目黒⑥ー五反田遊古会

今日の五反田遊古会の収穫一覧。さて、どれから読みましょう。

五反田〜目黒⑤ー蟠竜寺

岩屋に弁天様がひっそりと祀られている蟠竜寺。とても静かで美しいお庭です。ここは秋にもう一度来てみたい。

五反田〜目黒④ー目黒不動尊

目黒不動尊の独鈷の滝と、水かけ不動明王。「滝といったところで、謂わば心太を少し太くした程の水が落ちるに過ぎないのだが、今は後ろの方も大分開けた浅い山から、絶えず湧いて落ちる」と書かれた昭和十年から、滝自体はそんなに変わってなさそうです。

五反田〜目黒③ー比翼塚

目黒不動尊の門前にある、辻斬り平井権八と遊女小紫の比翼塚。この辺りは、「古くからこういう芝居がかりの名所を取り込んで、閑寂の中に俗情を交えた不思議な土地である」と岩本素白先生。

五反田〜目黒②ー蛸薬師

五反田から山手線沿いに歩いて目黒方面へ。蛸薬師に来ました。何かのツアーのご一行がいらっしゃったり、墓地の受付が行われてたりで、かなり賑やかです。

五反田〜目黒①ー五反田遊古会

朝から五反田遊古会でお買い物。

向島⑦ー三囲神社

古書を読むとは、書き手や持ち主や、その本に関わった亡き人々のおもいを文字を頼りに辿っていくことなのかなあ。と思いつつ散歩していたところ、三囲神社で富田木歩の句碑を見つけ、死者達への感情が自分の中に溢れ出し一瞬呆然としました。〈夢に見れば死…

向島⑥ー〈シュクレ〉さん

曳舟駅前でコーヒー飲んで帰ります。

向島⑤ー長命寺

一年に 一つ味わう 桜餅。

向島④ー長命寺

十返舎一九に成島柳北、木の実ナナまで、石碑建ち並ぶ長命寺。

向島③ー三囲神社

三囲神社の裏門脇に建つ、秦の将軍蒙恬の碑。明治十五年頃、当時の筆匠達が建てたそうです。蒙恬という人は、初めて毛筆を作った人と言われているそうです。自分達の仕事を作ってくれた人を祭ったのですね。素白先生は〈碑は甚だ傷んで居て、今は読み難くな…

向島②ー言問橋

昔三業地今はソラマチを通り抜け言問橋へ。素白先生は「此処から見る対岸の景色ほど、昔の隅田川を知って居る者を悲しませるものはない」と嘆いています。戦前は観音堂や五重の塔が見えたようです。今はご覧の通り。

向島①ー本所吾妻橋駅

岩本素白先生が昭和27年に書かれた随筆をもとに、今日は約一年ぶりに向島を歩いてみようと思います。本所吾妻橋駅からスタート。

タイムカプセル

用事も済んだので、いつもの古書店に立ち寄り、草野心平の短編集を200円で購入。古沢和宏さん流にいうと痕跡本。前の持ち主の流麗な書き込みがあり、その方のフルネームとともに今から60年前伊豆大島で読まれたことがわかります。旅館で読んだのか、お菓子の…

何処へ何処へ行こう

昨日仕事帰りにGUに寄って、新しい帽子を買ったので気分が若干高揚しています。午前中用事を済ませたら、やぶれズックをつっかけて、さあ何処へ何処へ行こう。

口から出ることばは ただありがとうだけ

世の中は連休であることを、交通機関の空き具合でかろうじて感じた、むしろ普段よりくたびれた一週間でした。そんな四週八休祝日無しの同士の皆様こんばんは。しかしですね、交通機関もGW関係無しに誰かが働いてるから動いてるわけです。ありがとう京成バス…

4月の読書メーター まとめ

2017年4月の読書メーター読んだ本の数:24冊読んだページ数:4926ページナイス数:324ナイスWIRED VOL.27/科学のゆくえを問う大特集「Before and After Scienceサイエンスのゆくえ」の感想久しぶりのWIRED。サイエンスのゆくえ特集。巻頭言で編集長がブライ…

俺はまだまだ生きるんでぇ!

不惑をとうに過ぎ、しかし迷いまくりな日々。自分の年齢の半分な社会人一年生から近々結婚すると告げられ(ほう、この子くらいの娘がいてもおかしくないし、孫が出来てもおかしくない年齢なんだな私は)と思う春。そうかあ、わしゃあ残りの人生で何が出来るか…

白ドトール

関東地方はいい陽気が続いています。皆様いかがお過ごしですか。以前から話題の白ドトール。?と思いつつ過ごしていたところ、この度地元駅にオープンしたドトールがみごとに白。早速訪問中です。もともとドトール好き(とくにBGMが好き)でしたが、完全分煙は…

佐倉⑥ー佐倉城址公園

風が通り抜けていく音に一瞬気持ちも飛ばされそうになりました。なんだか、帰りたくなくなっちゃったなあ。そういうわけにもいかないか。

佐倉⑤ー歴博

歴博第四展示室は、真昼間から百鬼夜行。

佐倉④ー歴博〈見世物大博覧会 現代編〉

DIC川村記念美術館から、歴博に移動。〈見世物大博覧会 現代編〉を観に来ました。展示室をそのまま見世物小屋に見立てた小展示。人間ポンプの記録映像を見ることができます。

佐倉③ークルメツツジ

お互いに違うところをみているけれど、寄り添って生きてます。

佐倉②ークルメツツジ

DIC総合研究所前に咲き乱れるクルメツツジ。「ちょうど見頃になったところです」だそうです。

佐倉①ーDIC川村記念美術館〈ヴォルスー路上から宇宙へ〉展

佐倉市のDIC川村記念美術館に〈ヴォルスー路上から宇宙へ〉展を観に来ました。朝から気持ちいい陽気。美術館には入らず庭園のみ楽しんでいる方も多くいらっしゃいます。

裸の王様 裸のこの街

明日は午後から研修だけれど、少なくとも早起きはしなくて済む。よーし、おじさん、夜9時過ぎだけどコーヒー飲んじゃうぞー。BGMはマーヴィン・ゲイだ。経費数百円未満で王族気分。

泣きながら君のあとを追いかけて

仕事場のBGMで一昨日も今日もこれがかかっている。私は好きだけど・・^_^かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろうアーティスト: 早川義夫出版社/メーカー: avex io発売日: 2002/09/11メディア: CD クリック: 7回この商品を含むブログ (36件) を見る

上野②ー国立科学博物館〈大英自然史博物館〉展

上野で開かれている『大英自然史博物館展』。こちらはかなりの人出。展示内容は・・・各種標本よりも、出口付近に並べて展示してあるダーウィンやスコットらの博物誌の方が興味深かったです。

上野①ー上野公園

悪天候ものともせずな修学旅行生溢れる上野公園。今日の目的地は、国立西洋美術館ではありません。

駒込ー東洋文庫ミュージアム〈安政の大地震〉展

小雨降る休日。こんな日は気になってる展覧会をはしごしようと、まず東洋文庫ミュージアム『安政の大地震展』を観に来ました。古代から江戸の頃までの災害の歴史を文献と共に辿ることが出来ます。