読書と散歩

普段は帰宅後に、休日は散歩しながら、のんびり読んでます。

かわいい魚屋さん

カマスづくし。あれこれ試してみて、意外にゴマ揚げは当たりでした(ホントは立田揚げ作るつもりだったけど、帰宅して片栗粉がないのに気づいて方針転換した)。ううむ。いい魚屋さんを教えて頂いたなあ。これからしばらく、土曜の仕事帰りに寄るのが習慣にな…

かわいい魚屋さん

仕事帰りに、職場の同僚から教えてもらった魚屋さんへ。さて、これ、どうやって食べようか。

傷ついた夢

芸能ニュースゆえ様々な意見があるでしょうが、人間の持つ弱さを認める社会、村八分とせず寛容な社会であってほしい。有名人が吊るし上げに会う社会は、無名の者が社会的生命を絶たれる社会でもあるでしょう。そんな社会で福祉や介護が成立するでしょうか。 …

筑前煮

筑前煮って料理を知ったのはほんの十数年前。社食で食べてからです。いまや家庭料理の本には必ず載ってますが、東京や千葉でここまで食べられるようになったのは、21世紀に入ってからのような気がする。ともあれお弁当にもいれられるし、便利なおかずです。

筑前煮

皆さんは、筑前煮を作るとき、何を入れますか?私は、絶対こんにゃくを入れます。指でちぎり、から炒りに。

バブル期アングラからの手紙

古書店で108円で買った中沢新一『雪片曲線論』に挟まってたどぎつい葉書。なんだこりゃと思ったら1989年に某所で上演されたアングラ演劇のお誘い葉書だった。バブル景気真っ只中『ぴあ』全盛時代ですなぁ。誘った方も出された方も知らない名前だったが、検索…

幕張⑥-古本屋さん

合わせて216円なり。

幕張⑤-昆陽神社境内石碑群

境内には、明治十六年建立の富士講碑がありました。

幕張④-昆陽神社

昆陽神社の脇を走り抜ける総武線快速。

幕張③-幕張昆陽地下道

幕張昆陽地下道の上に佇む鳥居。

幕張②-幕張銀座通り

幕張駅前の〈銀座〉は、見事なシャッター通り。

幕張①ー幕張駅

駅名の派手さと実際の駅の素朴さのギャップが激しい幕張駅。

倉本一宏『藤原氏』

仕事帰りに、なんとなく書店に寄ったら、すごいのが出ていたぞ。見つけてからレジに持ってくまで30秒足らず。迷わず即買いだ。

オバケなんてないさ

仕事関連のガチガチの本を読まなければいけない日々が、新年早々続いている。好きでやってる仕事なのでそれはそれでやりがいある読書だが、合間に思い切り路線の違うものを読みたくなる。我々の生きている時代・土地の常識と出来る限りかけ離れた、しかしフ…

同窓会

小学校の同窓会の知らせが来た。参加費10000円だという。思えば、小学校の校舎内に私の居場所は一切なかった。集団で遊ぶのは大嫌いだったので、一人教室や図書室で本を読んでると、女子達に「爺さんみたいだな、お前」とニヤニヤしながら嗤われた。からまれ…

成人式

成人式に向かう大勢の若者たちとすれ違う。なんというか、みんな素直だなあ。私、参加しようなんて微塵も思わなかったなあ。それとも、仮に生まれ育った土地に仲間がいてその地から飛び出すことなく成人を迎えたら、お付き合いで嫌々参加しただろうか。今年…

大森⑤-ジャーマン通り付近

東京五輪なんか潰れてしまえばいいと未だに思ってますが、前回の五輪を猛省し、都内の暗渠を全部ひっぺがして水の都を復活させますというなら、ちょっと考えてあげてもよい。そのきっかけとしてすらオリンピックは百害あって一利無しだと思うが。どうですか…

大井町④-肉のまえかわ

肉のまえかわで、鬼ごろし飲んで帰ります。

大井町③-闇市跡

大井町の駅前は我が青春の地。

大井町②-水神池

大井・原の水神池。池のほとりには石碑と祠があります。元々は農作物を洗う場であり、眼病になるとここの水で治し、お礼に鯉を放ったようです。

大井町①-水神池

小川の水源は、たぶんこの池。

大森④-ジャーマン通り付近

谷川に流れ込んでいたという支流の跡を遡上。いわゆる谷底の道。奥から手前に緩やかな坂になってます。小川は道の中央を流れていたそうです。

大森③-ジャーマン通り付近

おそらくその谷川は、前回の東京五輪のせいで下水道になってしまったのだ。

大森②-ジャーマン通り付近

右の大通りと左の小道の間が谷川になっていたらしいのですが。狭間に建っている店舗は四十数年前から変わってません。今は廃墟になってます。

大森①-ジャーマン通り付近

大森駅から徒歩10分ほどの地点。1980年前後までここには橋がかかっていて、左から右に向かって川が流れてました、という幼年時代の記憶を昨年暮れに辿ったのですが。その後、川がもう一本昭和20年代には流れていたという話を地元の人からきき、再びやってき…

労働と休息

公式には本日までの4連休なのですが、今日しなければならぬ業務が二つあり、ちょっと出かけてきました。町はまだ正月気分が漂ってるものの、スーパーや飲食店などはとても混んでおり、当然そこの従業員さん達はバリバリ働かれてるわけで、頭が下がります。自…

今年は一人ぼっちで年を迎えたんです。

これが我が家の雑煮です。春よ来い。はっぴいえんどアーティスト: はっぴいえんど出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2009/02/18メディア: CD クリック: 17回この商品を含むブログ (48件) を見る

Solitary soundscapes

昔イギリスで知り合ったスイス人の友人から久しぶりに連絡が来た。今度スイスのフリブールで、静寂と孤独をテーマにしたパフォーマンスをする。電子音楽やダンスや詩の朗読を企画している。自分はこのテーマには日本的な要素があると思う。お前の意見を聴か…

本八幡③-萌季屋

皆様あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。本八幡萌季屋のニューイヤーブレンド。あっさりしているようで、ズシンとくる味です。

適当正月料理-カンパチ

我が家の適当正月料理。カンパチを湯引きし、たっぷりの大根おろし。ポン酢をかけ、新生姜と一緒に。