読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書と散歩

そのまんま。

俺はまだまだ生きるんでぇ!

不惑をとうに過ぎ、しかし迷いまくりな日々。自分の年齢の半分な社会人一年生から近々結婚すると告げられ(ほう、この子くらいの娘がいてもおかしくないし、孫が出来てもおかしくない年齢なんだな私は)と思う春。そうかあ、わしゃあ残りの人生で何が出来るか…

白ドトール

関東地方はいい陽気が続いています。皆様いかがお過ごしですか。以前から話題の白ドトール。?と思いつつ過ごしていたところ、この度地元駅にオープンしたドトールがみごとに白。早速訪問中です。もともとドトール好き(とくにBGMが好き)でしたが、完全分煙は…

佐倉⑥ー佐倉城址公園

風が通り抜けていく音に一瞬気持ちも飛ばされそうになりました。なんだか、帰りたくなくなっちゃったなあ。そういうわけにもいかないか。

佐倉⑤ー歴博

歴博第四展示室は、真昼間から百鬼夜行。

佐倉④ー歴博〈見世物大博覧会 現代編〉

DIC川村記念美術館から、歴博に移動。〈見世物大博覧会 現代編〉を観に来ました。展示室をそのまま見世物小屋に見立てた小展示。人間ポンプの記録映像を見ることができます。

佐倉③ークルメツツジ

お互いに違うところをみているけれど、寄り添って生きてます。

佐倉②ークルメツツジ

DIC総合研究所前に咲き乱れるクルメツツジ。「ちょうど見頃になったところです」だそうです。

佐倉①ーDIC川村記念美術館〈ヴォルスー路上から宇宙へ〉展

佐倉市のDIC川村記念美術館に〈ヴォルスー路上から宇宙へ〉展を観に来ました。朝から気持ちいい陽気。美術館には入らず庭園のみ楽しんでいる方も多くいらっしゃいます。

裸の王様 裸のこの街

明日は午後から研修だけれど、少なくとも早起きはしなくて済む。よーし、おじさん、夜9時過ぎだけどコーヒー飲んじゃうぞー。BGMはマーヴィン・ゲイだ。経費数百円未満で王族気分。

泣きながら君のあとを追いかけて

仕事場のBGMで一昨日も今日もこれがかかっている。私は好きだけど・・^_^かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろうアーティスト: 早川義夫出版社/メーカー: avex io発売日: 2002/09/11メディア: CD クリック: 7回この商品を含むブログ (36件) を見る

上野②ー国立科学博物館〈大英自然史博物館〉展

上野で開かれている『大英自然史博物館展』。こちらはかなりの人出。展示内容は・・・各種標本よりも、出口付近に並べて展示してあるダーウィンやスコットらの博物誌の方が興味深かったです。

上野①ー上野公園

悪天候ものともせずな修学旅行生溢れる上野公園。今日の目的地は、国立西洋美術館ではありません。

駒込ー東洋文庫ミュージアム〈安政の大地震〉展

小雨降る休日。こんな日は気になってる展覧会をはしごしようと、まず東洋文庫ミュージアム『安政の大地震展』を観に来ました。古代から江戸の頃までの災害の歴史を文献と共に辿ることが出来ます。

そこのけそこのけ

常日頃、自転車のベルを鳴らしながら人の群れに突っ込んでいく人々を不思議な気持ちで見ているのですが、ついに今日は「通りまーす」と叫びつつ走り抜けていくランニング中の方に遭遇してひっくり返りそうになりました。うーん。わからん。

赤松民俗学としおりん

赤松爺さん、柳田國男一派や文化人類学者らをコテンパン・大激怒の巻、な河出文庫の新刊をチビチビと読んでます。面白いけど疲れるな、この本。出先で拾ったこの栞を挟んで毒を中和しようと思います。栞というより、いったんもめんにみえるけど。

茗荷谷②ー文京スポーツセンター

文京スポーツセンター前ののどかな情景。本日のお散歩はここまで。

茗荷谷①ー〈バンビ〉さん

駅前の喫茶店にでも入ろうかとしたその時、某政党の女性候補が街宣車で駅前に乗り付け演説し始めたので閉口。一気に興を削がれました。ああいうの聴いて「あの人頑張ってるから投票しよう!」って思う人どのくらいいるのかなあ。中村橋駅から茗荷谷駅に避難…

中村橋③ーサンツ中村橋商店街

中村橋商店街。ラーメン屋さんと居酒屋さんが多く、他はシャッターが降りてたりテナント募集中だったりします。うーん。本屋さんが多いのは、ちょっといいかも。

中村橋②ー練馬区立貫井図書館

練馬区立美術館の階下にある区立貫井図書館。楽譜が充実してました。商店街とのコラボレーション企画、素敵な企画だと思うのですが、展示スペースがとても僅かなのが残念。

中村橋①ー練馬区立美術館〈19世紀パリ時間旅行〉展

練馬区立美術館にて『19世紀パリ時間旅行』展。こういうタイトルですが、ローマ帝国支配下の頃からのパリの景観をずっしりした解説文と図版で観ることが出来ます。ただなあ、これ、実際にパリ歩いたことがあるともっと楽しめるんだろうなあ。自分がパリの街…

練馬駅

西武池袋線って、初めて乗るなあ。ちょっとした旅行気分。

コーヒー もう一杯

One more cup of coffee for the road.

『先生、貧困ってなんですか?』

仕事後に上野へ。貧困問題についての、大西連さんと柏木ハルコさんのトークセッションを聴いてきました。 人の話を聴くということの難しさ。多様な人々とコミュニケーションをとり続けるということ。いいお話をうかがえました。

神田④ー神田明神

いい披露宴でした。

神田③ー神田明神

神田明神。アキバ的なアニメ神社に現在はなっています。よくいえばキッチュ?

神田②ー神田明神

毎日お祭りな秋葉原駅電気街口を出て徒歩十分ほど。裏道に入ると〜電子株式会社などの町工場や料亭が並んでいます。

神田①ー神田明神

今日は結婚式にお呼ばれ。ですが雨なので、せめてご祝儀袋の中では快晴、春らんまんにしてみました。さて出かけよう。

はるさめもやふの お春じゃなゐか

とある集まりの後、丸善から東京駅の八重洲口に向かう桜通りを通って帰ってきました。ジャズバンドの演奏はあるわ路上で宴会行われてるわで21時を過ぎてもみんな大騒ぎ。東京駅前だから許されることだなあ。明日はもうちょっと静かな場所で桜をみる予定で…

わたしは、ダニエル・ブレイク

ケン・ローチの新作を観に、新宿武蔵野館に来ました。今日は友人夫婦と一緒です。誰かと一緒に映画を観るっていつ以来だろう。『わたしは、ダニエル・ブレイク』、とてもいい映画でした。仕事がないなんて甘えだとか言ってる人達にぜひ観てほしいけど、そう…

神保町ー春の古本まつり

今日は神保町春の古本まつり。

3月の読書メーター まとめ

2017年3月の読書メーター読んだ本の数:24冊読んだページ数:5861ページナイス数:530ナイス洋食セーヌ軒の感想料理をテーマにした掌編集。こういう洒落た味わいの掌編ってどこに連載されたんだろうと思いながら読んでたら、初出〈四季の味〉昭和57〜61年と…

大井町④ー大森貝塚遺跡庭園

大森貝塚遺跡庭園。車窓から発見したというモース博士の逸話が納得出来る場所にあります。桜はまだつぼみの段階。これから華やかになるでしょう。

大井町③ー品川区立大井図書館

品川区立大井図書館。子供の頃ここで『海底二万海里』を借りたら、「面白かった?これ続編があるんだよ」と司書?のお姉さんに教えてもらった思い出があります。その続編『神秘の島』、上巻は貸し出し中でした。どこかで今頃夢中で読んでる子がいるのかな。

大井町②ー三ツ又

村松友視『時代屋の女房』の舞台、大井三ツ又。映画版では、この歩道橋の上を夏目雅子が優雅に歩いてきました。今日は園児達が賑やかに横断歩道を渡っていきます。

大井町①ー大井町駅前

雑誌の縄文特集を読んでいたら、久しぶりに大森貝塚を見たくなりました。大井町の駅からゆっくり歩いていこうと思います。

センチメンタル通り

夜は静か 通り静か。

ののはな

なずななのはな なもないのばな。

佐倉④ー佐倉市立美術館〈一粒の砂に世界を見るように〉展

佐倉市立美術館。臨時入口から入るのですが、受付の方がいなかったら「ここ入っていっていいの?」と尻込みしちゃうような臨時入口です。

佐倉③ー麻賀多神社

麻賀多神社。周囲は城下町の面影があります。

佐倉②ー重願寺

元々は佐倉城内にあったという重願寺。御用絵師、黒沼槐山という方の歌碑がありました。竹藪と人家に囲まれており、向かいにある公園も含めて人の姿がみえません。聴こえるのは鳥の声だけ。

佐倉①ー歴博〈デジタルで楽しむ歴史資料〉展

今月2回目の歴博へ。今日はこの企画展を観に来ました。正倉院文書の展示では当時の柴又付近の戸籍(下総国葛飾郡大嶋郷嶋俣里)を観ることが出来てちょっと興奮。雅楽器の展示とともに音も伶楽舎の演奏で聴くことが出来たり、江戸時代の双六も体験出来たりと、…

メンズも作ってほしいなあといつも思います。

今日、職場で同僚女性らと、普段着どこで買う?談義になり、ついうっかり「セーターの下は、好きなキキララTシャツとか着てます」と言ったところ、「もし脱がなければいけなくなったらどうするの?」と言われました。でも、最近はサンリオ男子とかいうものも…

大英自然史博物館展

「ナチュラルヒストリー館」展、チケットは買った。さて、いつ行くか。せっかくだから、じっくり、ゆっくり観たいな。

山の三月 東風吹いて

帰り道、八百屋さんで群馬県沼田産の山うどを発見。早速、酢味噌和えにしました。短冊切りにしてる側から、いい香りが。ああ、春だなあ。私は穂先が好きです。

護国寺〜大塚⑨ー〈ろあーる〉さん

駅前でコーヒー飲んで帰ります。

護国寺〜大塚⑧ー天祖神社の夫婦銀杏

大塚駅前の天祖神社には次々と参拝客が訪れます。境内には夫婦銀杏が仲良く立っています。

護国寺〜大塚⑦ー猫又坂

不忍通りの猫又坂。文京区の立て札によると、昔この辺りに狸がいて、若い僧が夕暮れ時に化かされたとのこと。坂下には千川という川が流れていたようで、今は暗渠になっており、橋の袖石が坂沿いに保存されています。

護国寺〜大塚⑥ー東福寺

東福寺山門前にある道しるべ。右、大塚道。左、巣鴨庚申塚道。そして中央には「巣鴨監獄道」と書かれています。Google mapを立ち上げてみたら、確かに。ここからまっすぐ行けば、徒歩二十七分でサンシャイン・シティ。

護国寺〜大塚⑤ー三業通り

大塚駅前から少し歩いたところ、線路沿いに続く三業通り。地下を流れるのは谷端川。その昔は「川面に紅燈が映り艶があった」そうです(種村季弘『江戸東京《奇想》徘徊記』より)。

護国寺〜大塚④ー都電荒川線大塚駅前

鬼子母神通りみちくさ市で古書を買い込んだ後、都電で大塚にきました。