フランキー堺

川島雄三幕末太陽傳』。何回見返してもかっこいいなあ、、、時代が変わろうとするなか、尊王攘夷だのなんだのと意気込む志士をコケにしつつ、死の病を背中に背負いながらの町人のやけくそな生き様。品川遊郭とその裏に波寄せる海。「てめえ一人の才覚で世渡りするからにゃあ、へへ、首が飛んでも動いてみせまさあ!」。涙がとまらない。

f:id:Toshi-bm:20171118223623j:plain

広告を非表示にする

君たちはどう生きるか

なんだか様々な理由で急速に注目を浴び、叩かれたり持ち上げられたりしているようですが。学ぶ意味・生きる意味、クラスメイトとの貧富の差などのやりきれなさを感じつつ己の生き方を前向きに構築していく読み物として、時代を超える可能性のある書物だと勝手に思ってます。読んだのは二十年くらい前だったかなあ。鼓舞されたんだ、私は。

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

飯田橋②ー神楽坂の裏道

神楽坂のこのあたりは、ちょっと粋な店が静かに並んでいます。払うべきものも相当な額になりそうですが。

f:id:Toshi-bm:20171118175044j:plain

アンドロイドは踊り子の夢を見るか?

亀戸駅前のやなか珈琲店でみつけた。AIに小説のレビューを学習させ珈琲のテイストとして再現したそうです。誰のレビューを学習させてるのかしらと思って店員さんにきいてみたら、ネット上のだとのこと。読書メーターブクログ舞姫ブレンドは5点満点で甘味3、苦味3、クリア感0.5、余韻1、飲みごたえ2のお味だそうです。突っ込みどころ満載な気もしますが、まあお遊びとして、、。

f:id:Toshi-bm:20171118081324j:plain

Christmas Time is Here

我が家のこの季節の定番BGMはこれ。

Charlie Brown Christmas

Charlie Brown Christmas

広告を非表示にする