My way

週末は披露宴に出席し、今日は送別会へ。別れはいつもほろ苦い。しかし人は、友達だあ仲間だあ家族だあ絆だあといくら叫ぼうと、一人で生きるしかないのである。裏切り者と後ろ指指されようが構うことはないのだ。彼の人生に幸あれ。

f:id:Toshi-bm:20180719200341j:plain

ぼくの好きな先生

40代の独身男性がうっかり足を踏み入れたら、手が後ろに回る場所に侵入してきました。て、なんのことはない仕事の関係で小学校という空間に三十年ぶりくらいに入ってきただけです。いまだに、学校の雰囲気って嫌いだなあ。勉強自体は好きなんだけど、なんとか委員とかみんな仲良くとかが嫌いなんだよな。ということは学校だけでなく会社も嫌いってことになるのかもしれないが、会社は辞められるし移れるから、束縛は学校より強くないんだよね。そういう意味で、年をとればとるほど人生楽しくなってくる。

季節のない町

町は、様々な人々の集合体である。「住みよい町を」というスローガンは危険だ。ある人々にとって住みよい町は、ある人々が排除されかねない町だからだ。どですかでんどですかでん。誰にも見えない路面電車は今日も町を走り抜けていく。

季節のない街 (新潮文庫)

季節のない街 (新潮文庫)


遠い座敷

福祉・医療関係者には例の断筆宣言以降嫌われている方だけれど、私は彼のギャグではない奇譚路線の作品が見事過ぎるのでどうしても嫌いになれない。『遠い座敷』は、家というものが抱える暗黒面を描いた作品として実に素晴らしく恐ろしい。いずれ再読したい。

エロチック街道 (新潮文庫)

エロチック街道 (新潮文庫)

夏への扉

患者さん達から「娘さんが二人いるんだよね?」と言われ、そんな人生もあったかもしれないなと、ぢっと手を見る夏の夕暮れ。

Bossa nova, baby

二十代半ばから三十代前半まで、クーラー無し風呂無しのアパートに住んでいた。せめて音楽で涼しくなろうという、今から考えれば荒唐無稽なことを考えていた。しかし当時は大真面目だったのだ。これ、品川区の図書館で当時借り、延々リピート再生していた。部屋に流せば気持ちだけマイナス10度になる。気持ちだけですけどね。

三月の水

三月の水

私の古本屋台

f:id:Toshi-bm:20180707092711j:plain

Q.B.B.『古本屋台』みたいな場が最寄りにあったらおそらく連日通うだろう。現実にあるとしたら中央線沿線だろうが、あの辺りは私の住まいから一時間以上かかる。はるばる行くのでは意味がない。帰りに寄れるからいいのだ。となるとやはり夢のまた夢なのだが、ふと思い立って、会社帰りに泡盛を買って、数ヶ月前に古本屋で購入した本を読み始めたら、あら不思議。これが私の古本屋台である。えっ?!飲みながら本の話をするのがいいんじゃないかって!?そのための読書メーターじゃないですか。

古本屋台 (書籍扱いコミック)

古本屋台 (書籍扱いコミック)